カードローンのメリット・デメリット

カードローンとはカードを用いて、銀行が貸し出した枠の範囲内で借りた人が資金を借りることが出来るものをいいます。

このカードローンを使うことによるメリットは主に3つあります。

まず第一に、金利が通常の貸金業者から借りた場合よりも低い場合が多いです。

金利が高いと福利効果によって雪だるま式に借金が増えていくので大きなメリットであるといえると思います。

次に、金融機関によっては普通預金口座が残高不足に陥った場合に、カードのローン限度額の範囲において自動的に立て替えてくれる自動融資機能がある場合があります。

残高不足になると信用の問題にも影響するのでよいリスクヘッジができることになります。

第三に、金融機関によってはカードのローンを利用することによって、金融機関の優遇サービスを受けることができることがあります。

これは例えばカードのローン利用により他の用途に使用できるポイントが加算されるといったものです。

この場合利用すればするほどポイントが貯まり、よりよく資金を運用することにつながります。

反対にデメリットもあります。

まず、金利が変動金利制である場合、定期的に金利を見直すことになった場合、金利が上昇するリスクが生じます。

金利上昇の不利益は借り手にとって酷なので注意が必要です。

また、リモートバイキングでない場合には、明細書を確認しなければならないことです。

資金管理が難しくなるのがデメリットです。

このようにカードローンにはメリット・デメリットあるので、しっかりとそれを把握したうえで使用することが望ましいのです。

 

カードローンとフリーローン、クレジットカードはどう違うのか

カードローンは借り入れたお金の使い道が自由であるため、同じく借り入れたお金を自由に使えるフリーローンと混同されがちですが、この二つのローンの間には一つだけ大きな違いがあります。

それは、前者は限度額の範囲内で残高が出ている時は何度でも借り入れができますが、後者は返済を続けても新たに借り入れをすることができないということです。

フリーローンで2度目以降の借り入れを行うには現在の借り入れをすべて返済し、また改めて審査を受けて新たに借り入れる契約を行わなければなりません。

カードローンはきちんと毎月返済を続けていれば何度でも限度枠に達するまで借り入れができるローンなのです。

またこのローンはクレジットカードのキャッシング枠とも違います。

カードを使ってお金を引き出すことから両者は似ているように見えますが、この二つにも大きく違う点が一つあります。

それは、前者にはショッピングなどでの商品やサービスの代金を決済する機能がついていないということです。

一方、クレジットカードにも限度枠内なら何度でも借り入れることができるというカードローンによく似ているキャッシング機能があります。

しかし、クレジットカードのキャッシング機能は他のローンに比べて使い勝手があまり良くありません。

ゴールドカードでは最高100万円程度しか借り入れることはできませんし、最高のグレードのプラチナカードでも最高で300万円程度の借入しかすることができません。

 

お勧めサイト